私は現在妻と子供の3人暮らしをしています。

私たちが現在住んでいる所は物凄い田舎で自然いっぱいで環境的には困る事はないと思っていました。

しかし、意外にもこんな田舎でも水問題で考える事となるとは子供が出来るまでは思いもしませんでした。



今から3年ほど前に私たち夫婦は子供を授かりました。

赤ちゃんにはとにかく綺麗で安全な物をと心がけていましたが、私たちは一番大事な水に気づいてはいませんでした。

妻が出産してから里帰りとして実家に1ヶ月ほど帰っていた時にすでに子供のいる友人夫妻から水は大丈夫と聞かれました。


最初はなんの事を言っているのか全く分かりませんでしたが、我が家は基本的に水は井戸水を利用しているので私たち大人が飲んだり使ったりする分には全く問題ないのですがまだ全てにおいて抵抗力のない赤ちゃんが飲む分には問題があるのではないかと指摘されました。

その理由は友人夫妻の所も基本的に井戸水使用で赤ちゃんのミルクなどを作っていたり飲み水として使用していた時に奥さんと赤ちゃんに影響が出たようでした。
奥さんのほうは水が合わなく体に蕁麻疹が出て、赤ちゃんは下痢を多くするようになったようです。

実際に病院で調べてもらうとやはり水が原因で井戸水などは少しばかり細菌が多く含まれているようで飲みなれている人や抵抗力の強い人は問題ないそうですが、抵抗力のない赤ちゃんなどには影響が出ると言われたそうです。

そして、対策としては家に浄水器など設置してはどうかと考えたようで医師にも話すとそれなら問題ないと言われたのですぐに浄水器を購入して設置したそうでした。
我が家もこのままでは同じ状況となってしまうと考えすぐに妻に相談すると妻も我が子に少しでも危険が及ぶなら怖いので浄水器の設置に賛成してくれました。



正直浄水器の設置と簡単に考えていましたが値段もそれなりに良いものは高くピンからキリと言った感じでした。



正直お財布事情も苦しかったのですが私も生まれて間もない我が子の為と思い上クラスの浄水器を購入する事としました。しかし、設置してから気づいたのですが、浄水器も水を浄化する機能としてはどれも同じで浄水器の機能が色々ある分高いと言うだけの事でした。

しかし、浄水器を設置してからは自分たちも安心して水を飲める上に我が子に安心してミルクや食事を作れるので今や我が家には欠かせない物となっています。



Copyright (C) 2014 未来の子供たちの為の浄水器 All Rights Reserved.